脱毛で多汗症になる?

自己処理でワキを脱毛していた時は気にならなかったのに、エステや脱毛サロンでツルツルにした後で多汗症になったかと思うほど汗が酷くなったと言う人は意外と多いです。
汗の量も多いのですが、それに加えてニオイもきつくなったような気がして、もしかして多汗症の他にワキガまで発症したのかしらと悩む例もあると言うのですから、これから脱毛をしようと考えている人は心配になる事でしょう。

asa.jpg


しかし、それまで多汗症やワキガではなかった人が、脱毛したことによりそれらの症状が出てくると言う事は考えにくいようです。
それではなぜ汗が多くなったと感じるのか、それは精神的なものが原因で起こることが多いようです。

ワキがツルツルになると、ムダ毛が生えている時よりも汗が流れてくることに敏感になり、そこに意識が集中するとよけいに汗を出させてしまうのです。
本当は出てくる汗の量は以前と変わらないのに、意識する事によって増えてしまうのですから解決方法として気にしなければいいわけですが、そううまくはいかないようです。

こういった「精神性発汗」の場合、取りあえずは汗の量は正常だと自分自身に暗示をかけ、それでも改善せず辛いと言うのならボトックス注射で汗を減らすと言う方法もあります。

精神性発汗の場合症状は一時的であることが多いのですが、ボトックスによって汗を減らすとボトックス自体の効果が切れてもその後の汗が極端に増えると言う事が無くなるようです。
ニオイについては脱毛後毛穴に老廃物が溜まっていることがあるので、そういった場合は毛抜きを使って老廃物を絞り出すか、自分では難しいなら皮膚科に相談してみるといいでしょう。

定番のワキ脱毛

ワキの毛を脱毛したい、という女性は多くいるようです。
やはり、一番毛が目立つ部分でもあるので、自己処理で黒ずんでしまうのは嫌ですよね。
プロの施術によって、どうにかしたいと思う方がほとんどでしょう。
今なら「ミュゼ大阪の店舗一覧!今だけ価格実施中です!」のようなキャンペーンも多くやっているようです。

しかし、ワキの脱毛によるトラブルも意外と多いようです。

ワキは毛が濃く、そして太く生えてくる場所でもあるので炎症などのトラブルが起きた場合は、症状も酷くなってしまいがちです。
このようなことのないように、普段からワキの手入れは気をつけるようにしましょう。
脱毛期間中はカミソリなどは特に厳禁だと思われます。
安全な脱毛ができるように、日ごろからのお手入れは欠かせません。

また、ワキの脱毛により、汗が増えたと感じる方も多くいるようです。
しかしこれは、毛が減ったことにより、汗が流れやすくなっただけであり、服などに汗がつきやすくなってしまったためだと思われます。

しかし、これを気にしすぎてしまうと余計に汗が出てきてしまうことに繋がってしまうので、注意しましょう。
最近では、汗をとるワキ用のパットなども販売されているので、このようなトラブルを回避するために、積極的に利用するのもいいかもしれません。
制汗剤なども持ち歩くといいでしょう。

それでも何か問題がある場合は、皮膚科などにいけば解決策がみつかるでしょう。
何よりも、わずらわしかったワキの毛がなくなっただけでも十分だとプラスの方向に考えるようにしましょう。
自己処理の大変さと比べたら、汗の対処は面倒なことではないはずです。

脱毛とワキガは関係しているの?

最近、エステ脱毛が安価になったこともあってエステでムダ毛処理をする人が増えています。
また、これから始めたい方も多いでしょう。
これから脱毛を始めたいと思われる方におすすめのサロンを教えておきます。
ミュゼ渋谷の店舗一覧│お得なweb予約はこちら
よろしければ参考にしてみて下さい。

そんな中、脱毛をするとワキガになるとか、その逆にワキガが治るという噂があります。
もしこれが本当なら、やめようという方もおられるかもしれません。
この両者に何かの関係性があるのでしょうか。

実はこの2つ、関係はないのです。
というのは光脱毛は毛根がターゲットです。
つまり、毛の元である毛根だけに光を当て、熱によるダメージでやっつけていくのです。
ワキガの原因のアポクリン汗腺とは全くの別物なのです。

それではなぜ両者に関係があるという噂がまことしやかに語られるのかというと、それは汗と関係するようです。
ワキを脱毛することで、ワキ毛がなくなります。
するとこれまではワキ毛を伝わって流れていた汗が、伝うところがなくなりそのまま皮膚に付着します。
そうなるとワキに汗が付着し、それが雑菌と反応して臭いが発生するためと言われているのです。
つまり、脱毛によってワキガになることは絶対にないので、心配はいりません。

また、軽度のワキガであれば汗や雑菌が付着し臭いの原因ともなるワキ毛がなくなることで、臭いが軽減する可能性もあるのです。

だからといって、脱毛でワキガが治療できるわけではありません。
ムダ毛とワキの臭いにお悩みなら、まずは脱毛をしてそれでも臭いが軽減されないなら、本格的なワキガの治療を考えた方がいいのかもしれません。

ワキガの予防

夏場は誰しも汗臭くなることはありますが、一年を通して独特の汗臭さや鼻につく独特の臭いが特徴であるのがワキガです。

主な原因は体質的なものとされていますが、臭いが気になるとノースリーブなどの服を着ることもできないし、対人関係を構築するにも消極的になってしまいます。
汗の臭いであれば入浴することできれいに洗い流せば解消できますが、ワキガの場合は清潔に保つことである程度は軽減できても、体質的なものなので根本的な解決にはならないのです。
ワキガは通常の汗の臭いとは異なっているので臭いを予防できるかどうかということがポイントになります。

ワキガに効果的なケアは、入浴時にリンゴ酢を使うと良いでしょう。
リンゴ酢風呂に浸かることで、肌を弱酸性に保つ効果があります。
肌を弱酸性に保つことによって、ワキガの臭いを悪化する細菌の増殖が抑えられるので効果的です。
リンゴ酢をコップ半分、また一杯ほど加えて湯船に浸かるだけなので、簡単に行えるのが魅力です。

huro.jpg


リンゴ酢風呂に入ったあとは、みょうばんローションでケアを行うとより効果的です。
水1500mlに対してミョウバン50gを溶かしてスプレーボトルに入れれば完成です。
これをワキにスプレーすると制汗剤としての効果や臭いを抑えることができます。
また、ワキだけではなく足や股間などにも使用することができ、殺菌効果があるのでニキビにも効果的です。
みょうばんは安価で手に入りやすいので、手軽にケアをできることが魅力です。

ワキガってなに?

ワキガは、体の中に存在しているアポクリン腺によって引き起こされます。
アポクリン腺は、脇だけではなく陰部にも存在しているのですが、この腺の働きが元々活発な体質の方が強い臭いを放ちやすくなってくるのです。

アポクリン腺から出る汗については、それ自体に臭いはないものの、汚れが混じることで雑菌が繁殖することによって強い臭いを放つようになってきます。
臭いを改善したいときには、雑菌が繁殖しないように、アルコール成分を脇に塗ったり、こまめにお肌を清潔にすることで臭いの問題に悩むこともなくなってきますので、こまめにふいてみるとよいでしょう。

ただ、ワキガの状態が酷い方については毎日アルコールでケアを行っていたとしても充分な効果を感じることができなくなってしまいますし、アルコールを高頻度で使用することで肌荒れの問題も出やすくなってしまいます。
臭いの問題だけではなく、お肌にかかっているダメージを防止したいときには、ワキガを改善するための施術を受けてみると効果的です。

施術では、汗腺の働きを抑える注射を行ったり、アポクリン腺自体を取り除く方法で施術を受けることができるのですが、より完治させたい希望を持っている方の場合、外科的な施術によって直接アポクリン腺を取り除くのがおすすめとなってきます。
臭いの原因である汗腺を取り除くことで、それ以後臭いも出にくくなってきますので、特別なケアを行わなくても、安心して生活を送っていけるようになるのです。

脱毛後に大事なのが肌ケア

脱毛後の肌ケアでは、まずは鎮静させることが大切です。

hada.jpg


刺激は避けたいですから、施術を受けた箇所に紫外線などが当たらないように工夫をして帰宅することが必要です。
日焼け止めを利用して紫外線対策をするのもよいですが、状態によっては使えない場合もあります。
そのときには衣類で隠したり、施術を受ける時間帯を調整するなどして紫外線を浴びにくいようにすると良いです。

施術を受けた肌は軽いヤケドをしたような状態になっていますので冷やすケアを心掛けましょう。
保冷剤を使ったり、冷やしたタオルなどを使って肌を冷やしましょう。
冷やすことが大切ですから、入浴などについても温めないようにすることが大切です。
湯船は避け、熱いシャワーも避けましょう。
サウナやこたつ、床暖房などにも注意が必要ですから、温めるようなもの全般に注意しましょう。

刺激しないように、施術直後は消臭スプレーなどの使用も控えるようにしましょう。
脱毛後の肌は保湿することが必要です。
サロンから渡された軟膏やクリームがあればそれを使いましょう。
肌を刺激しないボディクリームやローションなどを使って保湿ケアをしておくことで、
脱毛後の肌も守ることができますし、次の施術も受けやすい状態に整えることができます。

もちろん何より重要なのは、脱毛後のトラブルに対処してくれるサロンを選ぶことです。
「ミュゼ筑紫野」にもあるように、大手のサロンは基本アフターフォローがきちんとしています。
近年トラブルは減少してますが、それでも万が一にそなえて、施術後のケアの口コミなどをみておくのも賢い方法だといえるでしょう。

ある程度の時間が経過しても、赤みが消えないなど肌の状態が悪いときにはサロンに連絡をして指示を仰ぎましょう。
放置するのはいけませんので、指示に従って適切な対応をすることが必要です。

脱毛するならどの方法にする?

女性の多くが、自分の体毛に関しての悩みを抱えているというデータがあります。
やはり、むだ毛のないきれいな肌を目指したい気持ちがあるのでしょうが、それはなかなか困難なものです。
やはり、体毛は意に反して生えてきますし、どれだけケアをしてもどんどん再生してきます。
ですから、全くケアが必要ないようにするために、脱毛を行います。

ここで言う脱毛とは、除毛とは全く異なり半永久的にそのポイントから毛が生えてこない状況を意図的に作成することを指します。
ですから、その部分の毛根を完全に死滅させることを意味しています。
生物学的にもかなり困難な施術を積み重ねていくことになります。

脱毛によって、毛根を完全に死滅させるのですが、その方法は3つほどあります。
レーザーを使用するもの、フラッシュを使用するもの、ニードルを使用するものです。

最も効果が高いのはニードルを使用するものですが、やはり直接針を肌に差し込むことがあるので、その痛みは壮絶です。
治療の途中で断念してしまう方も多いです。

負担が少ないのはフラッシュです。
これは、毛根にフラッシュを照射することで、毛根の細胞を死滅させる方法です。
非常に痛みは軽減されているのですが、その効果を実感できるようになるまでには相当な時間がかかります。

最近では、新たな脱毛法が開発されています。
その中には、ブラジリアンワックスを使用する方法があります。
ワックス自体はかなり強力なので、すぐに効果を実感できますが、その反面アフターケアをしっかりとしていなければ、皮膚が大変なことになってしまう点には、注意が必要でしょう。

脱毛の歴史

最近、女子の間ではエチケットとして常識になりつつある脱毛。
あなたはその歴史を知っていますか?

rekisi.jpg


脱毛の歴史は非常に長く、紀元前3,000年~4,000年頃の地中海地方や古代オリエント時代にはすでに行われていました。

19世紀になると、肌に硫酸などの薬品を塗ったり、毛を抜いた毛穴に汚れた針を刺すなどの方法が行われたり、20世紀には、X線を使った脱毛が行われましたが、シミやシワ、傷など、皮膚にケロイドやガンが多発したため、行われなくなりました。

1916年、電気脱毛が開発されて広く認知されるようになり、1983年には、ハーバード大学の博士が「光は、生体における特定の色素顆粒のみに光熱融解を起こさせる」という研究を発表し、この理論を基に、レーザー脱毛の研究も進んで行きました。

1996年には、 レーザー脱毛が開発され、1999年にFDAが脱毛用レーザー機器の安全性を認め、販売を認可しました。

日本における脱毛の歴史は、平安時代から始まりました。当時の貴族女性たちは、額の形を整えるために余分な毛を抜いたりし、江戸時代の遊郭の女性は、カミソリの火や軽石を使ってアンダーヘアの処理を行っていたようです。

1997年になるとレーザー機器が導入され、現在では、医療機関やエステサロンで手軽に施術が受けられるようになり、長い歴史の中で安全なものが産まれてきたのです。